給料日前だとお金が無い

おすすめ

給料日前に30日の無利息キャンペーンを活用!

給料日前にお金がなくなると生活がこまっていました。そこで、いろいろと調べていたら30日の無利息キャンペーンというのを発見しました。このキャンペーンを上手く使うと、どうにかこうにか乗り切れるようになったのです。ぜひ、その方法をマネしてみて下さい。

急な出費に備えた預金が底をついてしまった経験

" 私はサラリーマンで、当然一定の収入しかありません。毎月の生活費で月給全てが消え、全く預金がない訳ではありません。
 しかし、マイホームの頭金を作るため、月々の給与と、年2回の賞与から、目いっぱい給料振込みの銀行で、積立預金をしています。
 とはいっても、急な出費の可能性もあるため、月々少し別に預金もしています。この預金は、多い時は50万円程度になりますが、夏の家族旅行や、大きな買い物で少なくなると、25万円程度まで減るのが常で、上手く廻っていました。
 ところが、ある年の夏に、家族旅行をした直後に、冷蔵庫が壊れ、しかたなく買い替えました。これで緊急出費の手当てが少なくなっているところに車が故障しました。とうとうその月は自由になる現金が月末にはマイナスとなり、生活費が不足していまう見通しになりました。
 積み立て預金を取り崩すと、節約して準備しているマイホームの資金を簡単に使ってしまう習慣がつきそうで、絶対にしたくありませんでした。
 銀行から借金すれば、少しでも利子がもったいないので、恥を偲んで、事情を話し、父親から借金しました。
 これ以来、もう少し自由になる預金を増やすべく、父からの借金返済を、ある時払いの催促無しにしてもらい、50万円〜100万円の残高で推移するまで、更に節約して積み上げました。
 こんなとき、やはり親はありがたいと痛感しました。しかし、もし金融機関から借り入れざるを得ない場合、どうすべきだったのか、一度シミュレーションして、勉強しておこうと思っています。"

給料日前の金欠はきつい

"一人暮らしをしています。結構自炊で頑張る方なのですが、たまには友人とのみに行ったり、人気のあるバイキングのお店へ行ったりもしています。
社会人になると付き合いもあるので、なかなか断れないものです。そしてうまくやりくりができずに、給料日前には金欠になる事がよくあるのです。
原因としては、ちゃんとお金の使い方の管理をしていないからです。主婦のように、食費や光熱費など家計簿をつけるのがいいと思うのです。独身だとなかなかそうはいかずに、どんぶり勘定になってしまいます。
そして衝動買いもよくします。可愛いものや、お気に入りのものを見つけるとすぐに買ってしまうのです。この癖はなかなか治りません。
給料日前に金欠になったら、まずは食べるものを考えます。朝ごはんはおかずは梅干や缶詰になります。
お昼は職場でになるので、社員食堂で食べています。これは社内のほとんどの人が利用しているので、利用をやめるわけにはいきません。だから一番安いA定食にしています。320円なのです。これもかなり厳しいのですが、その分晩ごはんを削っているのです。
よくした晩ごはんは、シーチキンをマヨネーズで和えて、ごはんにのせて醤油をかけて食べるのです。これは節約ごはんなのですが、私には最高の一品になっているのです。カロリーはかなり高くなりますが、金欠でも美味しいものを食べたいのでなかなかやめれません。
このように、給料日前には食費を削っているのです。"

お金がない!

"社会人になりたて、自立に憧れ始めて家を出たのは20の頃。親の反対を押し切りフリーターという身分でありながら自分で保証人不要のマンスリーマンションを契約し、念願の一人暮らしが始まった。
収入は不安定、貯金もゼロ!でもなぜか毎月食っていくくらい余裕だと変な自身があった私。
一人暮らしを初めて最初の一ヶ月目‥母がお米やら調味料やらを持ってきてくれた。最初の一ヶ月は自炊もがんばり一緒受け院名料理の勉強もしやる気にみなぎっていた。
一人暮らしが一ヶ月経つと食費以外の今まで知らなかった出費が色々出てきた‥
水道代、光熱費、生活用品‥請求書を見て私はこのままではやっていけないと気が付きバイトを増やすことにした。家には寝に帰るだけ、自炊も後片付けをするのがめんどくさくなってだんだんとコンビニ生活に‥部屋は荒れてきてずっと汚いしだんだんとストレスが溜まってきていた。バイトに明け暮れているとたまに‥私はこんなに働いているんだからたまには贅沢してもいいんじゃないかと甘い考えが出てしまい、マチの服屋さんで衝動買い。給料役12万家賃4万のくせに5万円分も使ってしまった。
家に帰って請求書が会ったので支払いをすると財布の中には3000円しかなくなってしまった。預金はなし。給料日まで10日。コンビニはもういけない。やめれなかったタバコも止めなければいけない。私はこの10日間、親から貰ったお米を炊いて調味料を試行錯誤(笑)してかけて食べたり、バイト先にもおにぎりを持参して3000円で乗り切った。お陰でそれから禁煙にも成功して毎月少しずつでも貯金することを覚えた。今思うとその時に‥病気になったりしなくて本当に良かったと思う。
"

私が給料日前に金欠になった原因は・・・

"私は給料日前にひどい金欠になった時がありました。それはサバゲーに興味を持った時です。戦争ものの映画を見てすごい興奮した私はサバゲーをやっている友達に電話を掛け「サバゲーがしたい!武器はAKがいい!」と伝えました。その映画ではAKが出ており紛争地域で使われるということぐらいは知っていましたが、かっこよさはわかっていませんでした。
そして友達と一緒にサバゲーの装備を買いました。まず私は大興奮をし、AKを買いそのあとに、迷彩服などを見ました。その映画でみたものと似た服装を買え、とても満足しました。
私はその友達のチームに入りサバゲーをすることになりました。その頃は食べ物もしっかり食べてたのでいっぱい動けました。

給料が貰えるまであと2週間もあるのに私は金欠でした。ほんとに生活に困り、家にあるものは米、食パン、卵3つだけ。私は自分で自炊して、米だけ買いだめしてました。まず卵が3つあるので1日分と一食はなんとかなります。私は今、500円ぐらいしかないため、食べるラー油とキムチを買いましたこれでなんとか2週間乗り切りました。体重はかなり痩せましたがそれでもAKを眺めていたらなんとかなりました。ゲームは体力を使うのでそこまでやらなかったし、やっても防衛で特に動きませんでした。人はやはり心の支えがあれば頑張れるものです。


私は貯金をしてなかったことに後悔はありますが、金欠の2週間でも来月に買えば良かったと後悔はしませんでした。今でもそのAKは大切にしてます。"

給料日前の最大のピンチ

"私は社会人になってからすぐの時一人暮らしをしていました。
私が勤めていた会社の給料は一般的な給料の額だったのですが、社会人になって初めて給料をもらった時にはこんなにももらってよいのかと感動したものです。
一人暮らしをし始めてからは自分で生活をしなければならなかったので、お金は使いすぎないように計画的に使わなければと考えていました。
私は社会人になってから自分で医療保険にも加入しました。
何かあった時に備えてと考えてのことだったのですが、保険は何かの時のことを考えてしっかりとした補償にすると必要となる費用も大きくなりました。
私は少しでも保険料を抑えるために毎月保険料を払うのではなく一年分まとめて払うことにしました。
一年分をまとめて払うと毎月払うよりも少し安くなるのでその支払い方法を選択しました。
毎日朝から夜まで仕事をすると毎日食事を作るのが面倒になったり、職場の人との付き合いで外食をすることも増えました。
仕事をして給料をもらっているからある程度の出費くらい怖くないという思いもあってか私は当初の計画的にお金を使うということを忘れてしまっていたこともありました。
社会人になって一年くらいたった時に、財布の中身が少なくなったのでお金をおろそうとATMに行くと残高が数百円になっていました。
私は保険の支払いがあるのをすっかり忘れてしまっていました。
その時次の給料日まで数日ありました。
私は驚き銀行の窓口に行き、通帳に残っている数百円をおろしました。
ほかにも数百円入ったままになった通帳があったことを思い出しその通帳の残高も全て下ろすなどして私はどうにか給料日まで生活をすることが出来ましたが、本当にその時には焦りました。"

出来るだけ借りないこと

"そうです。出来るだけ 借りないことです。
借りるのは簡単です。しかし、返済はとても苦しいです。
分かっていても 今 どうしても金が要る。欲しいならば
私の場合は どうしても 金に困ってる時は 親が1番だと思います。
安全です。もう少し 我慢できるのであれば アルバイト パートで
頑張るとかです。私の経験ですけど。
カードで借金は金利がとても高くて 返済するのに時間がかなりかかります。
例えば 
50万借りたとします。
月々 10000円返済。
金利が半分以上取られます。
実際の返済は 約3000円位です。
ですから なかなか 終わらないのです。
友達はやめたほうがいいと思います。
信用できる友達ならば いいかもしれませんけど。
トラブルの元になります。
ですので 親に借りるとか 仕事を探すことですね。
1番 いいのは仕事を探して働く事だと思います。
厳しい意見だと思いますが
それが1番 安全だと思います。
簡単な方法 楽な方法は 後がとてもきついです。
自分が頑張った分だけの報酬(アルバイト パート等)
どうしても 急に必要な時は キャッシュが一番ですね。
でも 計画的に借りるように。
金が一番ですね。金がないと生きていけないですね。
分かります。しかし、借りることだけは絶対やらないほうがいいと
思います。
自分で仕事など 探して頑張ることにお勧めします。
私は どんなに苦しくても 借りることはやりません。
持ってる金で頑張るつもりでいます。
だから 困ったときどうするかって考える前に
先を考えてから行動するのか一番です。

"

もう少しだけお金が足りなかったとき

"個人で仕事を受けていたのですが、とあるクライアントさんからの支払いが遅れることになって、どうしても今月少しだけお金が足りない!と言うことがありました。

支出を抑えるにも限界がありますし、公共料金や私の場合は奨学金の支払いなどもあって数万円毎月引き落とされます。これが少しだけ足りなくなってしまったのです。

そこでやもなく日払いのアルバイトをしてみました。

普段はデスクワークをしていたのですが、もちろん日払いですと、たとえばゴルフ場でテントを建てたりイベント機材のメンテナンスをしたりと肉体労働が主でしかも毎回違う仕事を紹介されるのでなかなか慣れなかったですね。
できるだけがんばって働きましたが、周りの人にも迷惑をかけてしまったように思います。

でも、今までやったことの無い作業をするといろいろと勉強になりました。普段つきあうことの無い人たちと話をして、ああ、こうやって世の中回っているのだなあと思いました。

たとえ日雇いでも、ちゃんと評価があってある程度継続して仕事をしないと新たな仕事が回ってきづらくなったりと、普通の仕事と同じ苦労があると言うことも分かりました。

1ヶ月ちょっとぐらいのほんの短い期間でしたがいろいろと大変でした。でもその時に得たお金でなんとかピンチを乗り切ることが出来ました。

そして何より、わずかでもお金が足りなくなるような隙を作ってはいけないというのが最大の教訓となりました。

やはり計画性を持っていつも少し余裕があるのが一番ですね。

でも、どうしてもというときには探せば短期の仕事を見つけることも出来ます。神経質になりすぎない程度に余裕を作っていきましょう。
"

急にお金が必要になった時は、母に借金を申し入れますが…

急に、お金が必要になった時は、母に言うのが一番早いのですが…。
理由によりけりで、結局は、カードでのキャッシングになってしまうのかなぁ、と思っています。
というのも、母には、父とは別に母自身で自由にできるお金が少しだけあるそうなので、母は、
「何かお金に困ったときがあったら、言ってね。」
と言ってくれます。
が、その理由により、「却下」になってしまうのです。
まだ、20代の頃、転職中で、お金に余裕がなかった時、ずっと欲しいと思っていた映像ソフトが発売されました。
それは、今回のソフト化以降は、品切れになっても再販するかどうか、わからないという、マニアやファンにとっては、絶対「買い」の商品でした。
代金は3万円くらい。
でも、当時、クレジットカードを持っていなかった私は、その金額さえ用意できないのです。
仕方なく、母に借金を申し入れましたが、結局「却下。」
買いそこねた私は、数年後、就職できてから、探し回り、ネットオークションで競り合って、定価の3倍で手に入れました。
では、理由がどんなものなら、良いのか。
基準がどこにあるのかは、わかりませんが、運転免許を取る時と、パソコンを買い換える時はOKをもらいました。
もちろん、少しずつ、返しました。
姉は、母からの借金は全部踏み倒しています。
父も、普段から
「何か、お金が必要になった時は、サラ金とかで借金したりせずに、ちゃんと言うんだぞ。」
と言っていますが、一番アテになりません。
パソコン買い替えの時に、母を尋ねると、留守だったので、父に言ったのですが、
「本当に、母さんが貸すと言ったんだな、」
と何度も何度も念を押します。
こんな両親ですから、今だったら、すっきりはっきり、カードでキャッシングを利用した方が早いです。


お金が急に必要になった時

"社会人でも、子供でも、この社会では、生きていくために常に「お金」が必要です。

社会人のほとんどは、生活のため、時間を削り、仕事をしています。子供たちは仕事をしていないだけであって、親のお金を使って生活しています。

お金はこの社会に生きるのであれば、必ず必要になるものですが、たまたまお金がないときに、急に必要になるのはよくあることです。

知り合い、友達や親など、信頼できる人に頼んで借りるのが一番手っ取り早いのですが、そのような人たちから借りれず、どうすればいいのかわからなくなる場合もあります。

私の場合も、今まで、そのようなことは珍しいことではありませんでした。私の今までの経験から、そのような状況になったときの解決方法として、効果的なものを紹介します。

もちろんいくら必要なのかにもよるのですが、数万円ほどであれば、バイトをするか、それが面倒くさいのであれば、ポイントサイトではカードを申し込むと何万円かもらえるイベントがよくあるので、それに申し込んでお金を手に入れるという手があります。だいたい1万円から7万円以上の案件が存在する場合もあります。確実に一万円以上は手に入るでしょう。他には、家にある不要なものものを売ってみるのもありです。普通の買い取り業者に売るより、オークションのほうが高く売れます。お金を簡単に手に入れる手段として、新薬モニターというものもあります。新薬モニターとは、発売直前の医薬品、健康食品、化粧品などを使用して、血圧、体温、採血、採尿などの検査データを提供するアルバイトです。これがなかなか稼げます。しかし、時間のある方にしかできません。

この世の中、インターネットが普及しているので、案外、探してみると他にもいい手段はあるかもしれません。

"

車の修理代を祖母に借りました

"1年前に自家用車を自宅の車庫から出す時に、左後方を車庫の壁に擦ってしまいました。
このまま走るのはかっこ悪いなとも思いましたし、この車を買って5年ぐらいなのでまだまだ載り続けていかなければいけないと思い修理をすることにしました。

私は自動車保険に入っており、そこから出るお金から修理ができるので、負担はないと思っていました。
旦那にぶつけたことを報告して、お金はかからないから修理すると言うと了承してくれました。
しかし保険会社に問い合わせたところ、私の契約はこういった場合には5万円までは自己負担し、5万円を超えた分に関しては
40万円まで支払われるというものでした。

車を修理する業者に修理代は10万円程度と聞いていましたので、5万円は自己負担になります。
私が5万円を用意する必要があるのですが、貯金もあまり多くないですし、別のところに使う予定がありました。また旦那にもお金は必要ないと言ってしまったので、そのために使うわけにもいきませんでした。

独身時代の少しある貯金は定期に入れたばかりで解約できない状況でしたので、実家の祖母にお金を借りることにしました。
母に言うとまたぶつけたことについて色々言われたらめんどうだと思い、そういた心配のない祖母に頼みました。
90歳近い祖母は使いきれないぐらいのお金を持っていますし、快く貸してくれました。
それから毎月家計をやりくりして5,000円づつ祖母に返済し、10ヶ月で返すことができました。

急にお金は必要になった時に、こういったお金を貸してくれる人の存在はありがたいなと思いました。
それと同時に、常に100万円ぐらいの貯金は使えるような形で置いておき、いざという時に困らないようにする必要があると感じました。"

最新のエントリー一覧

お金がない!
"社会人になりたて、自立に憧れ始めて家を出たのは20の頃。親の反対を押し切りフリ...

私が給料日前に金欠になった原因は・・・
"私は給料日前にひどい金欠になった時がありました。それはサバゲーに興味を持った時...

給料日前の最大のピンチ
"私は社会人になってからすぐの時一人暮らしをしていました。 私が勤めていた会社の...